利用状況で変化するキャッシングの限度額

消費者金融のキャッシングでは、最高で年収の3分の1まで借り入れできます。法律では、この数字が上限とされているのです。
しかし、初回からこの金額の借り入れができるわけではありません。多くの場合は、少なめの金額からスタートするのです。

これは万が一返済が行われなかった場合に、貸し付け金額が多いほど、消費者金融側の損害が大きくなるからです。そのため消費者金融は、きちんと返済してもらえるかどうかをチェックするために、まずは少額の貸し付けをするのです。

したがってキャッシングの申し込みの際には、それを考慮して借り入れ希望額を提示することが大事です。法律で認められているからと、年収の3分の1の金額を提示しても、それが受け入れられることはまずありません。

逆に年収の10分の1程度の金額を提示すれば、職が不安定でなければ、高確率で受け入れられます。そしてその金額で何度か借り入れをし、そのたびに返済していれば、徐々に消費者金融側に良い顧客と認められるようになります。すると、初回よりもやや多めの金額を借り入れできるようになるのです。

これを繰り返していれば、やがては年収の3分の1まで借り入れできるようになります。つまりキャッシングの限度額は、利用状況で変化するということです。